本年のJRヘルシーウォーキングは終了しました。イヤーラウンドコースは冬でもウォーキングが楽しめますよ!

『「三浦綾子記念文学館と外国樹種見本林」北海道遺産選定記念!常盤・神楽岡公園と文学にふれる、旭川ウォーク (11.5km)』 〜JRヘルシーウォーキング2019〜

歩く

今年4回目となったJRヘルシーウォーキング。今回は旭川駅です。

前回の琴似駅は大変良いお天気で汗ばむ陽気でしたが、今日は最高気温が12度程度とちょっと肌寒いお天気となってしまいました。

コースは、昨年の北海道遺産第3回選定で登録された「三浦綾子記念文学館と外国樹種見本林」を巡るルートとなっています。

今回のコース

旭川駅をスタートして、平和通買物公園を通り常盤公園へ。千鳥ヶ池を眺めながら道立旭川美術館横を通り忠別橋へ向かいます。

神楽市民交流センター、大雪クリスタルホール前を通って道の駅あさひかわへ。

そこから美瑛川河畔を通って旭川八景にもなっている外国樹種見本林、三浦綾子記念文学館。

ショートコースは文学館から氷点通を直進して旭川駅でゴール。
基本コースは神楽岡公園へ向かい、公園内を周遊して旭川駅でゴールとなります。

みどころ・スポット

常盤・神楽岡公園と文学にふれる、旭川ウォーク

今日のお昼 オススメ

お昼ご飯はお蕎麦でした。

一度食べてみたいと思っていた明治43年創業の老舗「名人傍」さんの「とりもつそば」。

あっさり目のつゆでとりもつがいい感じでとても美味しかったです。オススメします。

そば処 名人傍 (旭川/そば)
★★★☆☆3.42 ■予算(夜):~¥999

常盤・神楽岡公園と文学にふれる、旭川ウォーク 〜JRヘルシーウォーキング2019 旭川駅〜

駅の情報とこれまでの開催年

イベント名JRヘルシーウォーキング
開催駅函館本線 旭川駅 (駅番号A28)
コース名旭川ゆかりの芸術・文学を訪ねる 深まりゆく秋を感じて、旭川ウォーク (2018)
緑の木漏れ日のなか、文学にふれる 外国樹種見本林とロマンティック街道・旭川ウォーク (2017)
緑豊かな公園と美しき川の流れ 常磐公園と石狩川・北の都、旭川ウォーク (2016)
緑豊かな自然とふれあえる 「カムイの杜公園」と「あさひかわ北彩都ガーデン」ウォーク (2015)
残雪の大雪山連邦を眺め行く 春の訪れ、川と橋のまち・旭川ウォーク (2014)
緑豊かな公園と美しい川が流れる 北の都、旭川・ロマンチック街道ウォーク (2013)
大自然の風土が育てた夏の見本林、文学を訪ねて・・・旭川ウォーク (2011)
旭川・北邦野草園と嵐山陶芸の里ウォーク (2010)
距離11.5Km (7.5km)
時間3時間20分
撮影日2019年5月11日

最後に

北海道第2の都市旭川をウォーキングしました。遠くの大雪山にはまだ雪が残り、公園には桜が咲いていて、そのコントラストがとてもキレイでした。

美瑛川堤防の桜と外国樹種見本林はとても見応えがあり、また行ってみたい思うところです。このようなところが再発見できたことがとてもうれしいです。

あさひかわ北彩都ガーデンは、旭川駅周辺の市街中心部であるにも関わらず開放感、緑たっぷりで夏にでももう一度行ってみたいと思わせるところです。

おまけの昼食、名人傍さんのお蕎麦もまた食べたいですね。

次回5月18日の厚岸にはちょっといけませんが、道東地域の方で参加された方がいたら、レポーターとしてお知らせいただけるとうれしいです!

また、旭川市では、新日本歩く道紀行推進機構の「歩いておきたい1000の道」に登録された、「文化の道」をテーマとする距離12kmの「タウンウォーク・街歩き」コースの「三浦綾子文学のみち 〜自然豊かな街で文化や芸術を堪能するコース〜」もあります。

是非ともこちらのコースも参考にしてみてください。

三浦綾子文学のみち 〜自然豊かな街で文化や芸術を堪能するコース 歩いておきたい1000の道 北海道旭川市〜
新日本歩く道紀行推進機構の「歩いておきたい1000の道」に登録された、「文化の道」をテーマとする距離12kmの「タウンウォーク・街歩き」コースです。

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました