JRヘルシーウォーキング2019、次回9月22日は、銭函駅「秋を感じる潮風と浜辺の風景 石狩湾の眺望満喫、工業団地をめぐる銭函ウォーク」です。

札幌ウォーク:「産業遺産めぐりと札幌開拓の歴史を偲ぶ、苗穂ウォーク (11km)」〜JRヘルシーウォーキング〜

JRヘルシーウォーキング

昨日(2018/11/17)、JR北海道函館本線の苗穂駅舎が新しくなりました。

これまで使用されていた駅舎は昭和10年(1935年)に利用が開始されて、これまで83年に渡って使われてきた駅舎でした。

新駅舎の開業に合わせて、JRヘルシーウォーキングが苗穂駅を起点として開催れたので参加してきました。

JRヘルシーウォーキング

JRヘルシーウォーキングは、は家族や仲間とのふれあい、自然とのふれあい、健康増進を目的としたJRの駅を中心とするウォーキングイベントとして、JR北海道では今年で20年目を迎えています。今年の開催は今日で最後ということでしたが、今回、初めて参加しました。

JRヘルシーウォーキングについては、こちら↓にまとめましたのでご覧ください。

JRヘルシーウォーキング 〜初めてでも、何度でも、一人でも楽しめる〜

今回のコース

2018年の最後の回は、駅舎が新しくなった苗穂駅を起点として、歴史的産業遺産や北海道遺産、札幌の歴史を感じることができる資料館などを回る11kmのコースです。ショートコースも設定されていてその距離は6.5kmでした。基本コースの最後は豊平川の河川敷を数km歩くため、川の流れる音を聞きながらとても気持ちが良かったです。

寄り道できる施設は北海道遺産にも認定されているところばかりなので、見どころ満載でした。ちょうど、北海道遺産おさんぽスタンプラリーも2018/10/6〜2019/1/31で開催されていることから、スタンプラリーも同時にできました。

また、サッポロビール博物館での休憩や千歳鶴 酒ミュージアムでの試飲など、乾いた喉を潤すにはちょうど良いものも(ww)

サッポロビール博物館のすぐ横には北海道日本ハムファイターズの屋内練習場があり、熱心なファンが選手の出待ちをしている姿もありました。意外な再発見でした。

そして、ゴールした後は、駅前の苗穂駅前温泉蔵ノ湯でお風呂に入って疲れをとって帰宅。というとても気持ちのいいウォーキングでした。

マップ

見どころ

データ

イベント名:JRヘルシーウォーキング2018 イベントウォーク 第30回
開催駅:JR函館本線 苗穂駅
コース名:産業遺産めぐりと札幌開拓の歴史を偲ぶ、苗穂ウォーク (JVA15222)
距 離 : 11Km
時 間 : 3時間03分
撮影日: 2018/11/18

JRヘルシーウォーキング
「JRヘルシーウォーキング」は家族や仲間とのふれあい、自然とのふれあい、健康増進を目的としたJRの駅を中心とするウォーキングイベントです。

フォトギャラリー

コメント

タイトルとURLをコピーしました