JRヘルシーウォーキング2020 6月末までのイベントウォーク・いつでもウォーク中止 〜7月以降も現時点では開催未定〜

福川伸陽 X 藤倉大 対談ライヴ 〜ホルンのゲシュトップ奏法・テクニックは必見〜

音楽

作曲家藤倉大さんのYoutubeチャンネルで、ホルン奏者の福川伸陽さんとの対談ライブが配信されていました。

約1時間半に渡った対談は、内容が濃くてホルンを吹く方、吹かない方のいずれも楽しめると思います。

もちろん、藤倉大さんが作曲した曲を福川さんが演奏する様子や曲に関する解説も盛り沢山です。

ホルンのゲシュトップ奏法が炸裂

中でもゲシュトップ奏法が炸裂するPoyoPoyoという曲(44分頃から)は1音2音ごとにゲシュトップ、オープンが繰り返され、さらに音が大きく飛んでいるという難曲。

福川伸陽さんのテクニックも相まって、すごっ!って感じでこんなことができるのかと感動しました。

ゲシュトップ奏法

ホルンを吹く時、通常右手はベルの中に入れてベルを塞がない程度で添えますが、ゲシュトップはベルを右手で塞いでしまう奏法です。

この時に演奏される音は金属音(トランベットなどでストレートミュートをした時のような)になります。しかし、普通に吹く時とゲシュトップの時では、音の高さがF管で約半音、B♭管で約2/3音上がります。

そのため、ゲシュトップ記号(+ 記号)がある場合の運指いは、通常は半音下の運指となります。

ですから動画にあるような1音、2音でオープン(通常)とゲシュトップが繰り返されるような場合に、福川さんがおっしゃる通り「出る音と指遣いで混乱する」のです。聴いているとそれほど凄さが感じられないかもしれませんが、とてつもなくすごい演奏だと思います。

奏法に関してはヤマハの以下の記事が大変わかりやすいと思います。

ホルンの吹き方:ホルン最大のナゾ、ベルの中の右手 - 楽器解体全書 - ヤマハ株式会社
ヤマハ株式会社の「楽器解体全書」のページです。ホルンの吹き方「ホルン最大のナゾ、ベルの中の右手」について掲載しています。

作曲家の作曲スケッチ

配信の後半になると藤倉大さんの作曲のスケッチも登場します。

このスケッチから曲が生まれるのかとこちらも感動しました。

二人の会話のテンポも内容も素晴らしく、この対談シリーズが知れて良かったです。

これからも見ていきたいと思います。

福川伸陽 X 藤倉大 対談ライヴ
Uniuni (うにうに) for horn – Dai FUJIKURA

このリップトリルもすごいです!

Uniuni (うにうに) for horn – Dai FUJIKURA

藤倉大さんについて

Dai Fujikura

福川伸陽さんについて

YouTube
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。
奇跡のホルンアンサンブル 〜“Japan Horn Sound” ジャパン·ホルン·サウンド〜
「ドルチェ·クラシックチャンネル」による「ジャパン·ホルン·サウンド」のCD収録·製作プロジェクトが進行中と発表されています。 NHK交響楽団首席ホルン奏者・福川伸陽氏の発案、呼びかけにて、北海道から九州まで、日本のプロオーケストラの...
食絶景北海道 〜北海道の食はまさに絶景!!絶品・一品をお取り寄せしておうちで北海道気分!〜

音楽
スポンサーリンク
この記事を書いた人

北海道が大好き。
個性的な応援が好きで日本製鉄室蘭シャークスのファン。お散歩も神出鬼没でぶらぶらと。北海道道の駅2018年版124駅を制覇し、179市町村制覇ももう少し。ジャンルを問わず音楽大好き。元カタツムリ吹き。
#北海道バーチャル道の駅市町村巡り
Life has no rehearsal, only performances.

「ウォーキングスタイル」をフォローする
ウォーキングスタイル

コメント

タイトルとURLをコピーしました