次回のJRヘルシーウォーキングは 9/20 岩見沢駅『北海道鉄道140年記念ウォーク! 歴史ある鉄道財産に思いを馳せて、岩見沢ウォーク』です!

メスティン+焚き火台(固形燃料)での炊飯チャレンジ 〜「オサンポ+お外ゴハン」への第一歩〜

その他

先々週は、オホーツクと道央南部を巡ったので、先週末は少しお休みということで、おとなしくしていました。

いつもいろいろなところをオサンポしていると、ステキな景色や美味しいものがたくさんあって、とっても癒されます。

ただ、これまでのオサンポは、歩くことがもちろん主な目的なのですが、ステキな風景や景色を見ていると、ずーっと見ていたくなるものです。

「オサンポ+お外ゴハン」ができたらステキ!

ステキな風景や景色を眺めながら、お茶ができたらな!とか、お外ゴハンできたらな!とか思うわけです。

オサンポも少し慣れてきたので、少しずつ新たな楽しみ方ができたらと思いはじめました。

そこで、お試しチャレンジです。

アウトドアに関してはドシロートにほぼ近いのでどうなりますか…ww

まずは基本の炊飯

この週末、身体を休めている間、いろいろなアウトドア系の動画やサイトなどを見ていました。

ここ最近、メスティンがとても話題になっているようです。

DAISOからもコンパクトな500ml(ご飯1合が程度が炊ける)のメスティンが発売されたということで、”手に入らない”という記事がたくさんありました。

さっそく、最低限のギア(おもちゃww)を調達です。

今回登場するギア

トランギア メスティン TR-210

で、私が選んだのは、一般的な750mlのトランギア メスティン TR-210。

選んだ理由は、DAISOのはコンパクトなのですが、いろいろと動画などを見ていると、1合のご飯を炊くと、ご飯がびっちりとメスティン内を埋めてしまう感じが見て取れたので、750mlで少し余裕のあるものにしました。

カレーが入るスペースを確保しておくことは重要ですwww

トランギア メスティン用 SS メッシュトレイ TR-SS210

購入予定は特にしていなかったのですが、メスティン用のメッシュトレイも購入しました。

これがあると、蒸しや、スモークもできるとのことなので、ちょっと楽しみです。

今回はこれを使ったチャレンジはしていません。

ソト SOTO ミニ焚き火台 テトラ ST-941

 

お外ゴハンをするには火器が必要になります。

ガスバーナーや焼き台、焚き火台など、ソロキャンプが話題となっていることからコンパクトな様々なものが各社から出ていました。

いろいろと調べていくと、炊飯は、市販の固形燃料を使用して簡単にほぼ失敗なくできるということがわかりました。

ですので、火器も最低限固形燃料が使えれば問題ないので、持ち運びに便利なものを選びました。

今回ゲットしたものは手のひらサイズでお値段も1,000円ほど。組み立てもいたって簡単。バラして付属のゴムバンドを付ければメスティンの中に収まりました。

では、炊飯チャレンジ

メスティン+焚き火台(25g固形燃料1個)での炊飯
  • 1
    1合(180cc)のコメを研ぐ

    1合(180cc)は料理用計量カップ(200cc)ではなく、コメの計量用カップですのでお間違いなく。

  • 2
    コメを30分ほど浸水させる

    実際にお外ゴハンをするときは、ボトルにコメと水を入れてオサンポの最中に浸水した方が時間効率が良いとの知識を得ました。

  • 3
    リベット(メスティン側面の2つの丸部分)の丸ポチ半分くらいまでに水を合わせる

    このメスティンの場合はコメ1合の時の水は、リベットの中央ということなので、とてもわかりやすくていいですね。

  • 4
    コメと水全体をを軽くかき混ぜて蓋をする
  • 5
    焚き火台に固形燃料とメスティンを設置し火を付ける
  • 6
    そのまま固形燃料の火が消えるまで待つ

    固形燃料に火をつけて少し経つと、少し吹きこぼれがあり、蒸気がたくさん出てきます。

    ご飯の炊けるいい香りが漂ってきます。

    気にせず火が消えるまでそのままほったらかします。

  • 7
    メスティンの熱が逃げないようにタオルでくるんだり、保温ケースに入れたりして10分蒸らす

    火が消えたら、メスティンを焚き火台から下ろします。

    冷めないように、タオルや保温ケースなどで包んで10分ほど蒸らします。

    この時、メスティンを”逆さにして蒸らす”という方もいれば、何も言及のない方もいます。

    逆さの方が下部まで蒸らしが行き届くのかもしれません。

  • 完成!

    はい!完成です。

    焦げもなく、きちんと炊けました。

    これは簡単です。

    今回使用した固形燃料は100均で購入した25gのものです。

    20gや30gなどというものもあるので間違うと、焚きすぎや加熱不足になるので注意が必要です。

夜ゴハンがカレーだったので、そのままメスティンでカレーをいただきました。

今回ゲットしたギア

固形燃料 カエンニューエースE 25g 1パック 20個 エレクトロニクス ニイタカ
ニイタカ
国内シェア「No.1」の固形燃料 こちらは、お買い求めやすい「小分けタイプの小袋販売」です。

最後に

今回はメスティンを使用して初めて固形燃料で炊飯チャレンジを行いました。

メスティンはとても便利な道具なようで、炊飯はもちろんのこと、パスタやその他様々な調理ができるようです。

何度か試して、「オサンポ+お外ゴハン」が実現できると良いなと思っています。

ちょっと初回から成功して調子に乗っているので、次回はパスタか炊き込みご飯とかしてみたいと企んでいますww

 

 

その他
スポンサーリンク
この記事を書いた人

北海道が大好き。
個性的な応援が好きで日本製鉄室蘭シャークスのファン。お散歩も神出鬼没でぶらぶらと。北海道道の駅2018年版124駅を制覇し、179市町村制覇ももう少し。ジャンルを問わず音楽大好き。元カタツムリ吹き。
#北海道バーチャル道の駅市町村巡り
Life has no rehearsal, only performances.

「ウォーキングスタイル」をフォローする
ウォーキングスタイル

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました