次回のJRヘルシーウォーキングは滝川駅『のどかな自然とロマンを求めて 空知川緑地とミュージアムめぐる・滝川ウォーク』です!

切株に座って 〜北海道札幌市 黒川晃彦氏作品〜

楽しむ

楽器を手にした野外彫刻(ブロンズ)が特徴の黒川晃彦氏の作品。

北海道札幌市清田区の真栄ニュータウン春通り公園に、サックスを吹くおなじみの 「サキソフォンおじさん」がいるというので行ってみました。

サクソフォン吹きはこれまでに見てきたオヂサンとはちょっと雰囲気が違います。

これまで見てきたオヂサンは、ベンチに腰掛けて演奏していましたが、これは「切株に座って」います。

1989年の作品で、初期のころなのでしょうかね。

「安心してください、はいてますよ!」

という言葉を思い浮かべたのは私だけでしょうか?ww

作品詳細

切株に座って
作家名
制作年
設置場所
黒川 晃彦1989年(平成元年)北海道札幌市清田区 真栄ニュータウン 春通り公園

黒川晃彦
黒川晃彦(くろかわ あきひこ、1946年 – )は彫刻家。1980年頃より写真を始めている。 彫刻の大半は楽器を手にした野外彫刻(ブロンズ)で、人との関係を大切にして、人々の生活の場に置かれている。 1989年には初めて”人物と...

(2020.5.24)

楽しむ
スポンサーリンク
この記事を書いた人

北海道が大好き。
個性的な応援が好きで日本製鉄室蘭シャークスのファン。お散歩も神出鬼没でぶらぶらと。北海道道の駅2018年版124駅を制覇し、179市町村制覇ももう少し。ジャンルを問わず音楽大好き。元カタツムリ吹き。
#北海道バーチャル道の駅市町村巡り
Life has no rehearsal, only performances.

「ウォーキングスタイル」をフォローする
ウォーキングスタイル

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました