JRヘルシーウォーキング2020 6月末までのイベントウォーク・いつでもウォーク中止 〜7月以降も現時点では開催未定〜

晴れた日に永遠が見える 〜兵庫県神戸市 黒川晃彦氏作品〜

楽しむ

楽器を手にした野外彫刻(ブロンズ)が特徴の黒川晃彦氏の作品。

兵庫県神戸市中央区の神戸北野異人館の北野町広場には多数の作品が設置されています。

「風見鶏の館」前の北野町広場でフルートを吹く女性がいます。

「晴れた日に永遠が見える」です。

ネコも女性の横でおとなしく座って演奏を聴いています。

このフルートを吹く女性。苫小牧市では「サキソフォンおじさん」の演奏を心地よさそうに聴いています。

花の調べ 〜北海道苫小牧市 黒川晃彦氏作品〜
楽器を手にした野外彫刻(ブロンズ)が特徴の黒川晃彦氏の作品。 北海道苫小牧市の市民文化公園(出光カルチャーパーク)にも作品が設置されています。 いつもの格好でベンチに足を組んで腰かけ、サックスを吹くおなじみの 「サキソフォンおじ...

作品詳細

晴れた日には永遠が見える
作家名
制作年
設置場所
黒川 晃彦兵庫県神戸市中央区北野町広場

黒川晃彦
黒川晃彦(くろかわ あきひこ、1946年 – )は彫刻家。1980年頃より写真を始めている。 彫刻の大半は楽器を手にした野外彫刻(ブロンズ)で、人との関係を大切にして、人々の生活の場に置かれている。 1989年には初めて”人物と...

この作品に出会えるコース

北野坂をのぼった先にある異人館街を巡る 〜神戸市中央区北野〜
日本の主要な国際貿易港のひとつである神戸港は、慶応3年(1868年)、函館・長崎・横浜についで開港された港です。古くから日本の国際貿易の要として、多くの外国人関係者を迎え入れます。 外国人の居住区として日本人から家や土地を借りられるよ...

(2019.12.7)

コメント

タイトルとURLをコピーしました