北海道の歴史・文化をめぐる「先人カードめぐり」が行われています。ぜひスポットを訪れてカードをゲットしよう!

稚内港北防波堤ドーム 〜北海道遺産No.1:稚内市〜

楽しむ

稚内港はサハリン渡航の玄関口として建設

北海道の港湾は、石炭の積み出しや漁港に関連する由来が多いですが、稚内港は樺太(サハリン)への渡航の玄関口として建設されたことがほかの港湾とは異なります。

稚内-樺太大泊間の旧稚泊航路整備の一環として建設されたのが、この北防波堤ドームです。

それを厳しい風波から渡航者を守る北防波堤のドームです。

海上からの高さ14m、柱間6mの円柱70本を並べた長さ427mの世界でも類を見ないアーチ構造の屋根で、世界的にも貴重な港湾構造物として稚内のシンボルとなっています。

▲半アーチ式ドームは港湾土木史に残る傑作

▲防波堤裏からは遠くサハリンを望む

稚内港北防波堤ドームについてよくわかる資料

この「稚内高北防波堤ドーム」は、日本埋立浚渫協会の創立40周年記念誌『港湾遺産』においても、『21世紀に伝えたい「港湾遺産」』として登録されています。

その資料がとてもわかりやすく参考になります。ぜひ一読してみてください。

21世紀に伝えたい『港湾遺産』|一般社団法人日本埋立浚渫協会
21世紀に伝えたい『港湾遺産』|一般社団法人日本埋立浚渫協会

この遺産に出会えるコース

北海道「道の駅」・全市町村完全制覇への道(10) オロロンライン編
北海道「道の駅」・全市町村完全制覇への道 10回目です。 前回は、ニセコ・日高編として喜茂別町の望羊中山から京極町、ニセコ町を通り、今金町の美利河ダムを訪れ、倶知安町までを巡りました。 今回は、オロロンライン編として日本海側を通...

北海道遺産

次の世代へ引き継ぎたい有形・無形の財産の中から、北海道民全体の宝物として選ばれたのが「北海道遺産」です。北海道の豊かな自然、北海道に生きてきた人々の歴史や文化、生活、産業など、各分野から道民参加によって選ばれました。
次の世代に残したい北海道の宝物 北海道遺産
次の世代へ引き継ぎたい有形・無形の財産の中から、北海道民全体の宝物として選ばれたのが「北海道遺産」です。
稚内港北防波堤ドーム | 各地の北海道遺産 | 次の世代に残したい北海道の宝物 北海道遺産
稚内-樺太大泊間の旧稚泊航路整備の一環として、冬季の北西越波防止のために建設された半アーチ式ドーム。
北海道遺産 〜次の世代へ引き継ぎたい北海道民全体の宝物〜
次の世代へ引き継ぎたい有形・無形の財産の中から、北海道民全体の宝物として選ばれたのが「北海道遺産」です。 北海道の豊かな自然、北海道に生きてきた人々の歴史や文化、生活、産業など、各分野から道民参加によって選ばれました。 これまで...

(2019.4.29)

コメント

タイトルとURLをコピーしました