JRヘルシーウォーキング2020 (春夏) 始まる!? 〜春夏は4月25日から8月29日まで18回のイベントウォーク〜

サッポロビール博物館 〜北海道遺産No.34「札幌苗穂地区の工場・記念館群」:札幌市〜

楽しむ

これまでに何度か札幌市内の北海道遺産を巡る「北海道遺産おさんぽスタンプラリー」に参加してきました。

次の世代へ引き継ぎたい有形・無形の財産の中から、北海道民全体の宝物として選ばれたのが「北海道遺産」です。

札幌市の創成川から東側は「産業のまち」

札幌市の創成川から東側は、豊平川の伏流水や貨物輸送の利便性などによって明治の頃から「産業のまち」として栄えました。さまざまな工場や倉庫がひしめき、下町的な雰囲気を残しています。

札幌市東区苗穂地区の「札幌苗穂地区の工場・記念館群」が北海道遺産No.34として登録されています。

この記事では、遺産を構成している工場・記念館の中の一つである「サッポロビール博物館」をご紹介します。

サッポロビール博物館

▲サッポロビール博物館の入口

サッポロビール博物館は、日本で唯一のビール博物館です。

美しい赤レンガが印象的なこの建物は、札幌の赤レンガ建築を代表する建物で、明治23年(1890年)に建設され、当時は札幌製糖会社の工場だったとのことです。

明治36年(1903年)に札幌麦酒会社が製麦工場として改修され、昭和62(1987年)に永久保存するために博物館として開設しました。

▲サッポロビール博物館の展示スペース

札幌でビールが作られることになった歴史や当時の苦労の様子がとてもよくわかる展示構成となっています。

プレミアムツアー(有料)では迫力の6Kワイドシアターで観る開拓期の麦酒づくりをめぐるストーリーや開業当時のレシピを基に再現した復刻札幌製麦酒のテイスティングなどが体験できます。

▲左から”黒ラベル”・”CLASSIC”・”開拓使ビール”

展示スペースは無料で見学が可能です。また、見学終了後は有料になりますが、もちろんビールが楽しめます。3種類のビールが揃った飲み比べのセットが人気となっています。ぜひ飲み比べてみてはいかがでしょうか?

四季折々に見せる違った表情

また、赤レンガが美しい建物は四季折々でその表情が変わります。冬のイルミネーションされた木々と白い雪、そしてライトアップされた建物の風景は忘れられない光景となるに違いありません。

▲冬のサッポロビール博物館

札幌駅、苗穂駅などからも徒歩圏内で行ける範囲にありますので、お散歩がてらビールを飲みにお出かけするのも良いでしょう。

アクセスなど

この遺産に出会えるコース

「苗穂駅新駅舎開業1周年記念! 産業遺産めぐりと札幌開拓の歴史を偲ぶ、苗穂ウォーク (10.5km)」 〜JRヘルシーウォーキング2019〜
今回のJRヘルシーウォーキングは、新駅舎開業1周年の苗穂駅です。 今週は日中でも最高気温が数℃しかないというような寒い日が続いていましたが、苗穂ウォークにあわせたかのように快晴の素晴らしいお天気となりました。
「産業遺産めぐりと札幌開拓の歴史を偲ぶ、苗穂ウォーク (11km)」〜JRヘルシーウォーキング〜
昨日(2018/11/17)、JR北海道函館本線の苗穂駅舎が新しくなりました。 これまで使用されていた駅舎は昭和10年(1935年)に利用が開始されて、これまで83年に渡って使われてきた駅舎でした。 新駅舎の開業に合わせて、JR...

北海道遺産

次の世代へ引き継ぎたい有形・無形の財産の中から、北海道民全体の宝物として選ばれたのが「北海道遺産」です。北海道の豊かな自然、北海道に生きてきた人々の歴史や文化、生活、産業など、各分野から道民参加によって選ばれました。
次の世代に残したい北海道の宝物 北海道遺産
次の世代へ引き継ぎたい有形・無形の財産の中から、北海道民全体の宝物として選ばれたのが「北海道遺産」です。
札幌苗穂地区の工場・記念館群 | 各地の北海道遺産 | 次の世代に残したい北海道の宝物 北海道遺産
札幌市の創成川以東は、豊平川の伏流水や貨物輸送の利便性などによって明治期から「産業のまち」として栄え、今も福山醸造をはじめ、さまざまな工場や倉庫がひしめき、下町的な雰囲気を残している。
北海道遺産 〜次の世代へ引き継ぎたい北海道民全体の宝物〜
次の世代へ引き継ぎたい有形・無形の財産の中から、北海道民全体の宝物として選ばれたのが「北海道遺産」です。 北海道の豊かな自然、北海道に生きてきた人々の歴史や文化、生活、産業など、各分野から道民参加によって選ばれました。 これまで...

コメント

タイトルとURLをコピーしました