北海道の歴史・文化をめぐる「先人カードめぐり」が行われています。ぜひスポットを訪れてカードをゲットしよう!

千歳鶴酒ミュージアム 札幌市 〜北海道に生まれ、北海道が育てた、北海道の地酒「千歳鶴」〜

楽しむ

イヤーラウンド認定コース「冬でも安心、地下街コース(8km)」やJRヘルシーウォーキングの「産業遺産めぐりと札幌開拓の歴史を偲ぶ、苗穂ウォーク (11km)」などのコース中にある酒ミュージアムです。

歴史ある北海道の地酒である「千歳鶴」。

公式サイトで紹介されているヒストリーは以下の通りです。

明治5年、石川県能登から来道した創業者・柴田與次右衛門(しばた・よじうえもん)は、創成川のほとりで造り酒屋「柴田酒造店」を開店。“どぶろく”などのにごり酒が開拓使の役人に評判で、売れ行きは好調に。数年後には清酒をつくりはじめたと伝えられていることから、柴田は北海道の酒造業の幕を開けた先駆者と称されています。

「柴田酒造店」は、その後、品質向上に努力を重ね、着実に発展。明治30年には同業者を束ね、日本清酒の前身「札幌酒造合名会社」を設立。札幌の酒づくりが、本格的な生産時代を迎えました。大正13年9月、合名会社を株式会社に組織変更し、「札幌酒造株式会社」を創立。昭和3年には業界企業合同の政府要請に応えて8企業を合同し、「日本清酒株式会社」に。統一銘柄をおなじみの「千歳鶴」としました。

戦後は好景気に支えられ、「千歳鶴」は順調に生産を伸ばしていきました。昭和34年には当時国内最大規模の酒造工場「丹頂蔵」を竣工し、3年後には海外輸出へ。昭和42年には本州にも拠点を広げるなど、高度成長時代と共にその翼を大きく広げて翔きます。また、「全国新酒鑑評会」でも14年連続金賞の栄誉に輝くなど、「千歳鶴」は北海道ブランドの銘酒として全国にその名を広めていきました。

歴史は古く、明治5年開店の「柴田酒造店」が北海道での酒造業の幕開け、先駆者とされています。

「全国新酒鑑評会」でも14年連続金賞の栄誉に輝くなど、北海道に「千歳鶴」ありと言わせる銘酒として今に受け継がれています。

所在地:札幌市中央区南3条東5丁目1番地
定休日:年末年始
入場料:無料
最寄駅:札幌市営地下鉄東西線「バスセンター前」駅9番出口より徒歩5分
駐車場:あり

千歳鶴|公式サイト

このスポットが含まれているウォーキングコース

「冬でも安心、地下街コース(8km)」 〜イヤーラウンド認定コース〜
初雪が遅れているとはいえ、この時期の札幌は最高気温が10度未満となり、風が吹くと寒いですね。 雨が降り続いていましたが、今朝は晴れ間が出ていいお天気となりました。 晴れたらイヤーラウンドコースを周ろうと思っていたので、「冬でも安...
「産業遺産めぐりと札幌開拓の歴史を偲ぶ、苗穂ウォーク (11km)」〜JRヘルシーウォーキング〜
昨日(2018/11/17)、JR北海道函館本線の苗穂駅舎が新しくなりました。 これまで使用されていた駅舎は昭和10年(1935年)に利用が開始されて、これまで83年に渡って使われてきた駅舎でした。 新駅舎の開業に合わせて、JR...

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました