JRヘルシーウォーキング2020 いよいよ8月からはじまる 〜7月末までイベントウォーク・いつでもウォークは中止〜

「炭鉄港カード」の配布がはじまる 〜日本遺産「炭鉄港」の構成文化財がカードに〜

楽しむ

北海道に開拓史が設置されたのは1869年です。

それからわずか150年という短い期間で、5万人弱だった人口は、100倍近く増え、現在では、500万人を超えます。

空知(石炭)、室蘭(製鉄)、小樽(港湾)が、それらをつなぐ鉄道を舞台に繰り広げられ、歴史的に日本の高度成長期を支え、産業革命に寄与したとことがわかります。

「炭鉄港(たんてつこう)」は、近代の北海道を築く基となった三都(空知・室蘭・小樽)を、石炭・鉄鋼・港湾・鉄道というテーマで結び、「炭鉄港」のストーリーとして、令和元年(2019)に文化庁が選定する「日本遺産」に認定されました。

「炭鉄港」の構成文化財がカードに

この日本遺産「炭鉄港」の構成文化財それぞれがカードになりました。

令和2年(2020年)6月19日(金)から令和3年(2021年)3月31日(水)まで、ゆかりの地で配布されています。
※数量限定(各3,000枚)のため、なくなり次第、終了です。

No.カ-ド名配布場所
1北炭赤間ズリ山赤平市交流センターみらい
(赤平市泉町1丁目1番地33)
2住友赤平炭鉱立坑櫓・周辺施設赤平市炭鉱遺産ガイダンス施設
(赤平市字赤平485番地)
3夕張の石炭大露頭「夕張24尺層」夕張市石炭博物館
(夕張市高松7番地)
4旧北炭滝ノ上水力発電所道の駅 夕張メロード
(夕張市紅葉山526番地19)
5旧北海道炭礦鉄道岩見沢工場炭鉱の記憶マネジメントセンター
(岩見沢市1条西4丁目3)
6朝日駅舎No.5と同じ
7三菱美唄炭礦竪坑櫓HOTEL BIJIKOインフォメ-ションスペース
(美唄市東1条南2丁目3番3号)
8旧栄小学校 (安田侃彫刻美術館アルテピアッツァ美唄)安田侃彫刻美術館アルテピアッツァ美唄内ギャラリー(木造校舎2階)
又はカフェアルテ(美唄市落合町栄町)
9星槎大学(旧城頼小学校)校舎及び体育館道の駅 スタープラザ芦別
(芦別市北4条東1丁目1)
10旧三井芦別鉄道炭山川橋梁星の降る里百年記念館
(芦別市北4条東1丁目1)
11北炭幾春別炭鉱錦立坑櫓三笠市立博物館
(三笠市幾春別錦町1丁目212-1)
12幌内変電所三笠市観光協会
(三笠市岡山1056)
13小林酒造建造物群北の錦記念館
(栗山町錦3丁目109番地)
14樺戸集治館本庁舎月形樺戸博物館
(月形町1219番地)
15クラウス15号蒸気機関車ほろしん温泉ほたる館
(沼田町字幌新377番地)
16蒸気機関車D51 320号機道の駅あびら D51ステーション
(安平町追分柏が丘49-1)
17小樽港防波堤小樽市観光物産プラザ
(小樽市色内2丁目1番20号)
18旧手宮鉄道施設(機関車庫三号)小樽市総合博物館 本館
(小樽市手宮1丁目3番6号)
19工場景観と企業城下町のまちなみ室蘭市民俗資料館
(室蘭市陣屋町2丁目4番25号)
20室蘭市旧室蘭駅舎室蘭市旧室蘭駅舎
(室蘭市海岸町1丁目5番1号)
21クロフォード三笠鉄道記念館
(三笠市幌内町2丁目287)
22井上角五郎北星株式会社(旧三菱合資会社)
(室蘭市緑町2番1号)
23廣井勇小樽港湾事務所みなと資料コーナー(小樽市築港2番2号)
小樽堺町通り商店街 観光案内所(小樽市堺町6番11号)

各所での配布時間などは下記のサイトでご確認してお出かけください。

「炭鉄港カード」| 空知総合振興局地域創生部地域政策課

配布場所は道の駅なども含まれていますので、スタンプ押印と共にいかがですか?

また、配布場所を地図にしましたので参考にしてください。

「炭鉄港」について

日本遺産ポータルサイト
日本遺産に関する情報を掲載したポータルサイトです。「日本遺産(Japan Heritage)」は地域の歴史的魅力や特色を通じて我が国の文化・伝統を語るストーリーを「日本遺産(Japan Heritage)」として文化庁が認定するものです。
10分でわかる炭鉄港

日本遺産

文化庁では, 地域の歴史的魅力や特色を通じて我が国の文化・伝統を語るストーリーを「日本遺産(Japan Heritage)」として認定し, ストーリーを語る上で不可欠な魅力ある有形・無形の様々な文化財群を総合的に活用する取組を支援します。

日本遺産ポータルサイト
日本遺産に関する情報を掲載したポータルサイトです。「日本遺産(Japan Heritage)」は地域の歴史的魅力や特色を通じて我が国の文化・伝統を語るストーリーを「日本遺産(Japan Heritage)」として文化庁が認定するものです。

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました