JRヘルシーウォーキング2019、次回9月22日は、銭函駅「秋を感じる潮風と浜辺の風景 石狩湾の眺望満喫、工業団地をめぐる銭函ウォーク」です。

北海道「道の駅」・全市町村完全制覇への道(19) 道東編(3)

道の駅・全市町村巡り

北海道「道の駅」・全市町村完全制覇への道 19回目です。

今回は、道東編(2)として、厚岸町から根室市、別海町を通り、知床の羅臼町までを巡りました。

この記事では、道東編の最後として羅臼町から知床峠を通り斜里町、美幌町、遠軽町の道の駅「しらたき」までを巡ります。

今回のルート

訪問スポットとスタンプ

  • START:1
    斜里町:知床峠

    道東3日目の朝です。7時半に羅臼を出発して知床横断道路を利用して知床半島を横断します。

    知床峠は、羅臼町と斜里町ウトロとを結ぶ知床横断道路の頂上、知床連山の尾根筋にあたる標高738mの峠です。

    峠が近ずくにつれて雲が厚くなってきて、周囲はほぼ何も見えない状態で、ご覧のように羅臼岳は厚い雲の中に隠れ、残念ながら見ることができませんでした。

    残念だったな!また来いよ!ということなんじゃないかな。

    知床峠|知床斜里町観光協会
    知床峠の画像、基本情報など

  • 2
    斜里町:道の駅 うとろ・シリエトク

    知床峠から峠を下りて、斜里町の道の駅「うとろ・シリエトク」へ向かいます。

    「うとろ」は地名ですが、「ウトロ」とカナカナで表記されたりしますが、漢字表記は「宇登呂」です。また、「シリエトク」は、アイヌ語で「陸地・大地」 (sir) の「先端・前」 (etok) を意味し、「大地の突端(行き詰まり)」を表す言葉で、知床の語源となっています。

    ウトロ港は、知床観光船などの遊覧船乗り場があり、温泉街(ウトロ温泉)が広がっています。また、カムイワッカ湯の滝や知床五湖へ行くための道道93号の入口にもなっているため、観光客で賑わっていました。

    駅舎に隣接して、「知床世界遺産センター」があり、世界遺産として登録された知床世界遺産の見どころや自然のリアルタイムの情報について展示されています。

  • 3
    斜里町:天に続く道

    一度見たかった景色です。

    オホーツクの斜里町から小清水町までを国道、農道、町道で結ぶ28.1kmの道です。

    ほぼ一直線の道が、起伏を繰り返して空に吸い込まれるように続きます。

    素晴らしい景色ですね〜!

    天に続く道 〜斜里町〜 (道番号80)
    オホーツクの斜里町から小清水町までを国道、農道、町道で結ぶ28.1kmの道です。 ほぼ一直線の道が、起伏を繰り返して空に吸い込まれるように続きます。 空に向かってまっすぐ 10年ほど前から口コミで広がり、今では観光バスのル...

  • 4
    斜里町:道の駅 しゃり

    斜里町の道の駅「しゃり」は、斜里町の中心市街地にあります。JR知床斜里駅からも徒歩圏内です。

    知床周辺の観光情報の発信をしているほか、「コミュニティールーム」は地域住民による生涯学習の場として活用されています。

    斜里町は、1983年に青森県弘前市と友好都市の盟約を結んでいることから、毎年7月に「しれとこ斜里ねぷた」が開催されています。

    駅舎内には、そのねぷたが展示されています。

    北海道でねぷたが展示されているのはここだけでしょうかね?珍しいですね。

    斜里町 しれとこ斜里ねぷたの紹介
    斜里町の公式ホーページです。町政情報・まちの話題などを掲載しています。斜里町は、2005年に世界自然遺産となった『知床』の西側を有しているまちで、大自然を背景とした観光業と全国一の漁獲量をあげている知床海域でのサケ定置網漁業や小麦、馬鈴薯、甜菜を主とした農業が基幹産業です。

  • 5
    清里町:道の駅 パパスランドさっつる

    清里町の道の駅「パパスランドさっつる」は、大自然の中でくつろげる温泉施設を併設した癒しのスポットです。

    周辺にはジャガイモ畑が広がり、駅名にもある「パパス」はスペイン語でジャガイモの意味を持っています。

    外には足湯も設置され、景色を見ながらゆったりとくつろげます。

    また、清里町はスケートのオリピアンである岡崎朋美さんの故郷であることから、メダルや競技スーツなど様々な関係品が展示されていました。

  • 6
    弟子屈町:道の駅 摩周温泉

    弟子屈町の道の駅「摩周温泉」は、足湯やドッグランのある公園内にあります。

    道東観光の主要観光地をつなぐ幹線道路の合流地点にあることから多くの人で賑わっていました。

    インフォメーションコーナーには、専任のスタッフが常駐しており、弟子屈町周辺の観光案内、町内の宿泊情報やレストランの紹介をしていました。

  • 7
    美幌町:道の駅 ぐるっとパノラマ美幌峠

    北海道の道の駅で『景色がきれいだと感じた「道の駅」』ダントツNo.1の美幌町の道の駅「ぐるっとパノラマ美幌峠」。

    標高525mの美幌峠に位置あり、世界第2位の大きさを誇るカルデラ湖「屈斜路湖(くっしゃろこ)」を眼下に望むことができます。

    レストランや地元産特産品を多数取り揃えた売店も充実しており、多くの観光客で賑わっていました。

    すばらしい景観ですね!

  • GOAL:8
    遠軽町:道の駅 しらたき

    遠軽町の道の駅「しらたき」は、旭川紋別自動車道の白滝パーキングエリアにあります。

    道の駅は、旭川紋別自動車道からも、国道333号からのどちらからも利用できます。

    地元で作られたソーセージや山菜の缶詰が並ぶ売店や、地場の鹿肉を使ったメニューがあるレストランなどもあります。

これまでに訪問した道の駅と市町村 ぬりぬり

(2019年8月12日)

コメント

タイトルとURLをコピーしました