JRヘルシーウォーキング2019、本日11月17日は、千歳駅『支笏湖フレ岳に端を発す、千歳川 インディアン水車と市民のオアシス、青葉公園ウォーク』です。

まんまるコース(3.7km) 月形町 〜すこやかロード〜

すこやかロード

北海道健康づくり財団の「すこやかロード」に平成27年度(2015年度)に認定されたコースです。

月形町の中心部を発着点として、円山のスギ林を通るコースで歩きやすさと自然を両方楽しめます。

日本最北端のスギ林は月形町の開拓の歴史を感じさせてくれます。

コース図

コース中のスポット

円山スギ林

円山スギ林は、明治23年に樺戸集治監の囚人たちによって植えられた「日本北限の杉林」である「月形スギ保護林」が高齢木になったことから、その杉から採取したクローン苗木を後継木として平成22年に植栽したものです。

明治23年に植えられた杉林は、日が降り注ぎ、風が吹き、鳥がさえずり、とても素晴らしかったです。動画にしてみましたが、雰囲気が伝わるでしょうか?

月形町円山スギ林:歴史と歩みを歩いて感じる、円山杉林・皆楽公園、月形ウォーク 〜JRヘルシーウォーキング2019 いつでもウォーク〜

月形樺戸博物館

「月形樺戸博物館」は、昭和48年(1973年)から「北海道行刑資料館」として一般公開され、平成8年(1996年)に現行の「月形樺戸博物館」となりました。平成24年(2012年)には展示を改修してリニューアルオープンし、現在に至ります。

樺戸集治監の開監から廃監までの39年の歩みを豊富な歴史資料で展示再現しています。

入り口にある、囚人が歩き、すり減ってしまった石「すり減った石」は、石がこれほどまでも減るのかと驚かされます。

「樺戸集治監」は、北海道遺産第3回選定で釧路集治監(標茶町)、空知集治監(三笠市)、網走監獄(網走市)、十勝監獄(帯広市)とともに、「北海道の集治監」として北海道遺産に選定されました。

コース概要

タイプ・距離・時間・エクササイズ値Oタイプ・3.7km・60分・3.0EX
案内標識
マップ(予定)
照明
自然性日本最北端の「杉林」の区間は日影が多く涼しい
休憩施設等終着点の役場庁舎、博物館のトイレが使用可能。
問合せ先月形町教育委員会 0126-53-2376

コメント

タイトルとURLをコピーしました