JRヘルシーウォーキング2019、次回11月17日は、千歳駅『支笏湖フレ岳に端を発す、千歳川 インディアン水車と市民のオアシス、青葉公園ウォーク』です。

2020年 YR-30キャンペーン企画 北海道地域限定〜IVV Japan オリンピックイヤーを楽しむ〜

pochiのぼちぼち

来年からの新しい楽しみが増えそうな予感を見つけました。

日本市民スポーツ連盟(IVV Japan)のホームページで地域限定のウォーキング企画が掲載されています。

北海道地区にある14のウォーキングステーション始終着のイヤーラウンド39コースを3年かけて巡るというものです。

2.2020年 YR-30キャンペーン企画
今まで参加された方は、継続挑戦を。
  新しく参加検討される方は、オリンピックイヤーを期にスタートの検討を。

(1) 基本企画

2019年まで実施している内容を2020年度版(1年企画)として実施します。
    全国184ヵ所のウオーキングステーションのコースを歩いていただき、
    2つのトライ内容が有ります。
    ① 各ステーションを歩いたステーション数を認定
     30 60 90 120 150 184 で記念ワッペン
    ② 各ステーションの各コースを1回づつ積み重ねて認定
     30コース完歩で、記念ワッペン
   *詳しい内容は、日本市民スポーツ連盟HPのダウウンロード・リンクを開いていただき、
    YR30コース表彰の申請書・申請方法を参照ください。

(2)地域限定企画(新規)

北海道地区14ステーション39コースを活用して楽しく歩いてみませんか?
北海道で開催される大会に参加されて、プラスした街歩き。
北海道旅行の際、イヤーラウンドコースを活用して名所見学。
期間:2020年1月1日~2022年12月31日の3年間
表彰:ゴールド賞 全ステーションで36コース完歩
シルバー賞 全ステーションで30コース完歩
1回の申請のみ
副賞:認定証及び完歩記念ワッペン
申請:専用のパスポートを準備しますので、ステーション及び事務局で入手して頂き、
IVVパスポートと別に押印してもらって下さい。
希望賞が達成したら事務局に申請して下さい。

日本市民スポーツ連盟

2019年11月1日付けリリースより

(1)の基本企画は1年間で達成する必要があるので、ちょっと難しいですね。

(2)の北海道地域限定企画は3年間あるので、なんとかなるかも。

北海道のウォーキングステーションがある街とコース数は、札幌市32、旭川市1、北見市4、網走市3です。

北海道のコース数は、当サイト調べでは全部で40だと思うのですが、先に掲載した日本市民スポーツ連盟(IVV Japan)のホームページの案内では、”北海道地区14ステーション39コース”となっています。

札幌の”ボアネージュ”ウォーキングステーションで、5kmの”大倉山ジャンプ競技場コース”が追加されて、40コースになったような気がします。

札幌市のウォーキングステーションとコースは、札幌市のホームページで確認できるのですが、ここも常に最新とはなっていなかったり、日本市民スポーツ連盟(IVV Japan)も中途半端な更新だったりして、とても情報集めは苦労します。

ウオーキングステーション

ひとまず、当サイト調べにはなりますが、わかったコース情報は下記の記事に記載していますので参考にしてください。

北海道のウォーキングステーションとイヤーラウンドコース

計画を立てて、コツコツとタウンウォークや森林浴、フットパス的な田園風景、農園風景などを楽しみながらウォーキングしましょうか?

来年からの新しいチャレンジが一つ見つかったような感じがします。

JRヘルシーウォーキングもシーズンには毎週のように開催されるので、計画するのは意外と大変かもしれないなぁ〜。

一緒にチャレンジする方がいたらうれしいな(ぼそっ)。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました